良質のキャットフードを与えよう

未分類

猫が健康で長生きしてもらいたいというのは全ての飼い主たちの願いです。そのためには病気にさせないこと、そして病気にさせないためには普段から良質のキャットフードを与えるようにすることが肝心です。スーパーマーケットで安売りされているドライフードなどは猫の体にはあまり良くないコーングルテンなどが多く含まれていることが多いのです。こういったフードを毎日食べさせていると肥満や糖尿病、腎不全、皮膚病、胃腸疾患、がんなどあらゆる病気の元になってしまいやすいのです。

食は猫の体を作る元になるものですから、良質のたんぱく質がたっぷり含まれているキャットフードを選ぶようにしたいものです。いわゆるプレミアムフードと呼ばれるものですと、穀類が含まれていないグレインフリーのフードも多く、フレインフリーは猫にとっては理想的なフードなのです。安いドライフードは穀類が主原料になっているため、肉食獣である猫が口にすると消化不良を起こしやすくアレルギー疾患による皮膚病や慢性下痢や便秘といった病気が起きやすくなるという研究結果も出ているぐらいなのです。

グレインフリーのプレミアムフードは確かに値段的には高いものも多いのでそれがデメリットだと考える飼い主さんもいるかもしれませんが、長期的に見て、安いフードで病気になって医療費がかかることを考えるとプレミアムフードを与えて健康を維持してもらう方がよほどお得なのです。

Previous
食事の様子は特に重要

アーカイブ

2017年2月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728