食事の様子は特に重要

未分類

猫の健康を維持するために日頃からしっかり猫の行動をチェックしておくことが重要だというお話をしましたが、その中でも食事の様子の変化は異常を察知しやすい重要なチェックポイントです。普段は、食欲旺盛で食べ残しを絶対にしない猫なのにある時は、与えたキャットフードを少し残した時や食べるスピードが遅く、食べにくそうにクチャクチャ変な音を立てて食べているように見える場合は特に要注意です。

また突然の嗜好の変化も注意ポイントになります。普段から大好きだったキャットフードがある日突然大嫌いになるのは、確かに気まぐれな猫はよくあることです。しかし単なる気ままな性格からそうなっている時ばかりではありません。吐き気がしている時や、お腹が痛い、熱があるといった症状を感じている時には猫は食欲が一気に落ちてきます。逆に食欲さえあれば元気の証拠だと言えるので安心できます。

ですから食欲が少しでも落ちたり、偏食が急に始まった時には一応注意信号ということで1日ぐらいは様子を見てみましょう。他のフードを与えてみて反応をみてみるのも良いでしょう。猫は食事を取らなくなって48時間たってしまうと肝臓を壊してしまい命にも関わってしまうのですぐに病院へ連れて行って診察を受けさせるようにしましょう。

Previous
猫の体調チェックをしよう
Next
良質のキャットフードを与えよう

アーカイブ

2017年2月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728